フードドライブとは

一般家庭などから余剰食品を持ち寄り、それらをまとめてフードバンク団体や地域の福祉施設・団体などに寄贈する活動です。


平塚市役所でのフードドライブ

毎月一回、平塚市役所多目的ホールにてフードドライブ活動を行っています。一般家庭の方や企業様などが食品を持ち寄ってくださり、沢山の食品が集まります。集まった寄贈食品をフードバンクひらつかの倉庫に持ち帰り、賞味期限ごとに分別したのち、支援を必要とされる方などへ届きます。

その他の場所でのフードドライブ

快くお申し出いただきました企業様などが社内や店舗にてフードドライブ活動を行ってくださり、集まった食品を届けていただいております。

フードバンクひらつかの事務所にて

フードバンクひらつかの事務所にて、随時食品の寄贈を受け付けております。毎月定期的に届けてくださる方もいらして大変有難いです。


寄付者からの言葉

  • 多く買いすぎて、どうしようかと思っていたけど、誰かの役に立つならと寄付しようと思った。
  • 御中元やお歳暮で頂いた食品が食べきれずに、今までは捨てていたので、食品ロスにならずに済んで良かった。
  • お子さんにお菓子を届けてほしいと思い持参しました。

ボランティアスタッフの言葉

  • 毎月こちらの希望する食品を聞いていただき、購入してご寄付くださる方もいらして、本当に頭が下がる思いです。
  • ご寄付くださる方がいらっしゃるお陰で、継続的な支援ができますので、大変有難いです。
  • 開催ごとに、これだけの食品ロスが減っていることは意味のある活動だと思います。

活動レポート